芦垣 雪衣   

   ~Ashigaki  Yukié  

東京都出身。幼少時、母・芦垣美穗に箏の手ほどきを受ける。

その後、ピアノを西陽子師に、高校から声楽を飯田純子師に師事。

東海大学教養学部芸術学科音楽学課程に於いて、現代邦楽を中心に箏曲を

福永千恵子師に師事。

東海大学在学中、志水哲雄師の指導の下、音楽療法に携わり、

神奈川県を中心に医療機関や公共施設に於いて、

医療を目的とした演奏活動を行なう。

名古屋音楽大学大学院音楽研究科に於いて、宮城曲・古典を中心に

箏・三絃を芦垣美穗に師事。首席修了。

〈主な活動歴〉

2007年、韓国法興寺記念式典演奏会に於いて日本代表としてソリスト出演。

2012年、ロシア・ハンガリーに於いて国際文化交流事業に参加。

2015年、JAPAN FESTIVAL in Vietnamに於いて国際文化交流事業に参加。

2016年、箏とヴィオラのアコースティックユニット雪咲~yura~として

初のCDアルバム〈雪咲~ゆら~〉を発売。翌年、全国紙〈自由人〉に掲載される。

 同年、金沢城公園内の玉泉院丸庭園にてGW期間中、ライトアップコンサートに出演。以降、毎年開催、出演。 

2017年、地唄三味線最古の楽器である柳川三味線を国立劇場小劇場にて演奏。

2018年、韓国文化院にて、韓国の伝統楽器カヤグムと共演。

​2019年、日本テレビ系列 〈謎解き冒険バラエティ 世界の果てまでイッテQ!〉女芸人一芸合宿in広島の企画にて箏指導協力。

同年、自身初となる1stソロライブを六本木softwindにて開催。

令和元年5/1(水祝)イッテQ!出演記念として「ファミ箏の模範演奏会」を亀戸文化センターホールにて開催。

その他、テレビドラマや、CM等の出演ほか、小中学校での訪問演奏会や

宮城会全国大会、各種イベント等、国内外を問わず多数の演奏会に出演。

宮城道雄記念コンクール第2位受賞。

芦垣美穗氏による宮城道雄作品集にてCD収録に参加。

NHK‐FM邦楽のひととき多数出演。

宮城社師範。中央大学竹桐会生田流講師。

宮城会、生田流協会、日本三曲協会、一穗会各会員。

KO.TO². KAI、和楽器オーケストラあいおい、ゲーム音楽集団ファミ箏、

雪咲~yura~ 各メンバー。

芦垣雪衣箏三絃教室(雪衣会)主宰。

生田流 宮城社師範

地唄箏曲演奏家  〈 箏(琴)・三味線・唄 〉